話し合いで三角関係を精算できるのだろうか

恋愛をすると楽しいことばかりだと思っていましたが、実際に恋愛をして三角関係になってしまいとても気まずい思いをしたことがあります。
友人と同じ人を好きになってしまい、正々堂々と勝負していきたいと思ったので共に告白をすることにしました。
まだ若かったということもあり、三人とも恋愛経験があまり豊富ではなかったということもあって、どうすれば良いのかわからず同じタイミングで告白して相手にどちらと付き合うか選んでもらうという方法にしましたが、相手もかなり悩んでしまって、その時には返事は出せないと言われました。
どちらのことも好きだといってもらえて、嬉しい反面複雑でどうしようかなと思いましたが、それからも三人で仲良く出かけることもたくさんありました。
その後半年ほどしてから、三角関係に終止符が打たれる時がやってきました。
相手が、友人と付き合うという決断をしたからです。
その時には本当に悲しかったですが、友人とはとても仲が良かったし正々堂々と勝負した結果だと自分に言い聞かせ、二人のことを祝福しました。
それからも三人で遊びに行ったりすることもありましたが、徐々に現実を受け入れることができるようになり、恋愛感情は心の中にしまっておくことにしていました。
しかし友人と喧嘩をしたり、うまくいっていないという相談を受けて、相談に乗るために二人で食事に行くようになってしまったことがきっかけで、自分の方が大切にしてあげることができるのにという気持ちから、また好きな気持ちが抑えられなくなり始めていました。
二人が別れたわけではないということは知っていましたが、もう一度告白のようなことをしてしまい、それから二人で遊びにいったりするようになってしまいました。
しかしその後しばらくしてから友人に申し訳ない気持ちもあり、このままではダメだと思ったので事実を正直に打ち明けて三人で話し合いをすることになりました。
友人からは怒りの雰囲気も感じ取れましたが、それ以上に悲しそうにしていて本当に申し訳なくなりました。
話し合いをして自分がしてしまったことが簡単に精算することができるとは思っていませんでしたが、友人はもう二度としないということなら、これからも仲良くしていこうといってくれました。
二人は今でも付き合っているし、仲良くさせてもらっているので正直に話し合いをすることにしてよかったなと思っていますが、やはり三角関係になるのはもう嫌だなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です