片思いを成就させて両思いになるためのアプローチ

恋愛において片思いというのは楽しさとつらさがどちらも共存する時期です。
遠くから見つめることでそのはがゆい距離感を楽しんだり、ちょっとした出来事に喜ぶことができたりする反面、相手のことを思えば思う程片思いがつらくなり、自分だけを見てほしい、自分のものにしたいという独占欲が出てくるようになります。
それが恋愛においける片思いの醍醐味ですが、誰もがいずれはこの恋を成就させたいと願うものです。
そのためには相手にも自分を見てもらう、恋愛をしてもらうという必要があります。
人にはそれぞれ好みというものがあります。
しかしその好みというのは実際あまりあてになりません。
髪の毛が長くてスタイルがいい女性が好みだと言っても、実際に接してみると惹かれたのはショートヘアで体型も普通の女性であったり、スポーツ万能で爽やかな男性がタイプだと言っても、実際には知能派な男性に惹かれたりなど、理想と現実というのは違ってきます。
つまり、その人を形成する様々な要素だけが好みを分けるのではなく、話してみた感じや雰囲気、一緒にいるときの居心地のよさなど、接して見なければ分からない部分が恋愛においては大切なのです。
そのためもし片思い中の相手が自分とは違うタイプが好みだと知っても諦めてはいけません。
まずは自分を知ってもらうためになるべく接点を作る努力をしましょう。
少しずつ距離が縮まることで、相手の視界に自分がうつる機会が増え、どんどん必要な存在になっていきます。
相手が自分を必要とするようになったり、いないと寂しいと感じるようになったら自分に気持ちが向き始めているという兆しです。
さり気なくボディタッチの機会を狙う、グループでの遊びに誘う、手作りのお菓子をあげるなど、恋愛マニュアル本などにはそのようなアプローチの仕方がよく掲載されています。
もちろん接点を増やすためにはこれらの手段も大切ですが、それをやったからと言って両思いになれるわけではありません。
こうした手法は男女問わず「恋愛関係になるための手段」であることを知っているため、このような行為は逆にあざとく感じられてしまいます。
もっとも効果的なのは「弱さを見せる」ということです。
普段は笑顔で明るい人であっても、その人にだけ悩みを打ち明けたり、涙を流したりという弱い面を見せると相手にとって放っておけない特別な存在になります。
つまり恋愛には欠かせない独占欲をくすぐることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です