「私、2番めでもいいの」という女が三角関係を生む

恋愛は一対一で行うものであり、決して複数人で行うものではありません。
結婚をしているわけでもないのだから、無理に一対一でなくてもいいだろうという考えに結び付けるのはルール違反です。
相手と交際をすることに決まったのであれば、恋愛は一対一で行うことになり、他の人と恋愛をしてはならないからです。
そういう風に交際をするうえではルールがありますが、中にはそれが守れない人もいます。
一度の浮気であれば三角関係になるまでにはいかないかもしれませんが、私二番目でもいいからという考えの人がいることによって、三角関係が生まれることになり、恋愛がこじれていく事になるのです。
交際相手がいる男性が、他の女性から二番目でもいいからと言われたときにはどのような感情が生まれるようになるでしょうか。
本当に交際相手のことを好きなのであれば、即答で断るはずです。
しかしいくら交際相手のことを好きであったとしても、喧嘩中であったり、倦怠期などの時にそのような甘い言葉をささやかれてしまうと、心が揺れてしまうこともあるでしょう。
しかもその相手が自分好みの人であれば、さらに心が揺れることになります。
二番目でもいいと言われたときにどう対処していくかですが、心が揺れてしまいそうな人は何か対策を考えておかなくてはなりません。
好みの相手に二番目でもいいから、相手にバレないようにするからと言われれば、心が揺れてしま手も不思議ではありませんが、ここで甘い言葉に乗ってしまえば、三角関係が生まれることになり、万が一ばれてしまえば交際相手と破局を迎えることになってもいけません。
恋人と別れたくないのであれば、二番目でもいいと言われても断ることです。
断る自信がない場合には、ハニートラップだと思うようにすれば断れるはずです。
もしかするとその相手は、自分の恋人の友人で、自分が浮気をしないかを試そうとしているはいートラップなのかもしれないと疑ってかかることによって、浮気心を抑制することが出来ます。
万が一本当にハニートラップだった場合には、恋人との破局は決定的になりますので、言い寄られたときにはハニートラップだと思ってすべて断るようにしておきましょう。
実際にはそうではなかったとしても、そう思うことによって自分の心を抑制しやすくなりますので、三角関係が生まれることはありません。
相手の甘い言葉に乗せられたことによって、恋人関係が崩れることがないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です